読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスが表参道に移転して3週間が過ぎました

早いもので、はてな東京オフィスが中目黒から表参道に移転して3週間。id:mouri_yujiが上のエントリーで紹介している通り、よい環境、まだ真新しいオフィスで仕事しています。

とはいえ、表参道に移転が決まったとき、(他のスタッフはともかく)私は大変緊張しました。表参道といえば、華やかきらきら、リア充あふれる街……そんなところに毎日通うなんて……全身ユニクロ(こんなことを公開しても誰得全損状態ですが、事実な場合もあるので)で歩いたら遠くから吹き矢が飛んでくるのでは……と考えていました。昔六本木に通勤したことがありますが、六本木もそれはそれはいたたまれない気持ちになる場所でした。特にクリスマスシーズン。表参道といえばあのクリスマスイルミネーション。あのような気持ちを二度と味わいたくない。しかし移転は決まってしまった。大袈裟にではなく、本当に覚悟を決めて、オフィスに通い始めました。

表参道駅からオフィスまでは歩いて5分ちょっと。その短い道のりに、あるわあるわ、ハイブランドの路面店(使い方あってますか?)。これでもかとおしゃれなお店が並んでいます。街から軽く拒絶されているような気分で、あまり周囲を見ることもなく、駅とオフィスの間を行き来していました。「こわかった」と言ったら同僚に「本当にこわかったんですか……」としみじみされました。そう、本当に怖かったんです。なかなか信じてもらえないとは思いますが。まさに「はてなに真珠」。

最初の週が終わる頃、さすがに歩くこと自体に慣れてきました。少しだけゆとりができて、ちょっとだけ遠回りしてみたりもしました。すべてがきらきらして見えた表参道にも、当たり前ですがいろいろなお店があります。コーヒーチェーン店もコンビニもあります。街を行き交う人をなんとなく眺める余裕も生まれました。やっぱり歩く人の服装はおしゃれだなとか、やたらダンディな男性がいるなとか。

会社の人たちと新東京オフィスでの初の飲み会に行ったのもよい体験でした。当然のことをこんな風に説明するのもあれですが、安くておいしいお店で楽しく飲めたというのは、街で楽しく過ごせるいいきっかけになりますね。

そんな中、いつもはてなブログ(その前ははてなダイアリー)を拝見している雨宮まみさんが、新オフィス周辺について記事を書いてくださいました。

表参道は思っていたよりもずっと味方だった。そんな気分になりました。あまりにも表参道という場所への恐怖心を繰り返し表明するので、同じチームのメンバーに心配されるくらいになってきていたくらいでしたが、自分でも楽しめるのではないか、街から拒絶されるなんてことはないのではないか、と思い始めた自分の肩をそっと押してもらった気がします。押された結果どこ方向に進むかは予測がつかないのですが……。