読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷点(青春の一冊)

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine

一冊って言ってるのに4冊もはりつけやがって!という感じですが、文庫で上下巻な上に続編も上下巻なので……。

氷点(上) (角川文庫)

氷点(上) (角川文庫)

氷点(下) (角川文庫)

氷点(下) (角川文庫)

中学校の図書室で読んだ記憶があります。何がきっかけだったのかは今となっては思い出せないのですが、筒井康隆さんの「農協月へ行く」や宗田理さんの「ぼくらの七日間戦争」、山際淳司さんの「スローカーブを、もう一球」と一緒、というイメージがとても強いので、夏休みの課題図書か何かに指定されていたのかもしれません。

図書室で上下巻を読破した後、物足りずに本屋で上下巻+続編上下巻を買って、本当に何度も読み返しました。継母と継子、出自の秘密……と何度もドラマ化されるのもさもありなんというドラマチックな展開なのですが、そのドラマチックさに惹かれて夢中になった記憶はあまりなく、登場人物それぞれの利己的な心情や利己的にならざるを得ない状況などを興味深く思ったように思います。何しろ登場人物の誰にも感情移入がしづらい。主人公の陽子にさえも。

その陽子が、「常に正しくあろう」「自分を疎む養母のようにはならずにいよう」ということがそもそも罪なのである、と気づくあたりで、自分もはじめて「何も悪いことをしていない人にも『原罪』というものは存在しうる」と理解したような気がします。「気がする」というのもあやふやではありますが、私はクリスチャンではなく、真に原罪の意味をとらえきれていないのでこのように書いています。

本編では「罪」、続編では「ゆるし」がテーマで、「人間にとって赦しとは一体何なのか」ということが最後まで語られているはずなのですが、私は続編に登場する達哉が最後の最後までとにかく嫌で(たぶん今読み返してもものすごく嫌いだと思う)、一度許さないと決めた人は絶対に許さない自分の性格をつくづく思い知ったという小説でもあります。

同時期に読んでいた小説に「天上の青」があります。現在の曽野綾子さんの言説には同意しかねる部分が多いのですが、この頃は面白く読んでいました。当時毎日新聞をとっていて、毎日連載を読むのが楽しみでした。奇しくも自分の名前の由来の一部となった*1作家さんの作品を、同じような時期に読んでいたのだな、とWikipediaを読んで思い至りました。

天上の青〈上〉 (新潮文庫)

天上の青〈上〉 (新潮文庫)

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

*1:実際にはもっと別の要素から選んだようですが、同名の作家がいることは意識していた、と親から聞いた記憶があります。

「ハイパーリンクチャレンジ2015」バトンがつながった記事をまとめた #HyperlinkChallenge2015

2015年11月27日~12月20日に開催されていた、ウェブコンテンツの中から印象に残った記事を挙げる「ハイパーリンクチャレンジ2015」。同僚2人が参加したこともあり、いろいろな方が挙げた記事を読んでは、なるほど~と思っておりました。

ハイパーリンクチャレンジの概要は以下の通りです。

もしかしたらこれは、今年一番の記事を自身のブログで発表しつつ、「自分がこの人の今年一番を知りたい!」と思う方へバトンを繋ぎ、数珠つなぎで進めていったら、色々な人のウェブコンテンツに対する趣味趣向が見えてきておもしろいのではないのかなと!(※決してア◯スバケツチャレンジに触発されたわけではありません)

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

【概要】

・その年(前年12月~本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

【ハイパーリンクチャレンジ2015】僕にとって今年1番おもしろかった記事。鳥井弘文 #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け | 隠居系男子

せっかく年末年始の休みの前ですし、のんびりハッシュタグをもとに記事めぐりをするのもいいなと思ったのですが、かなり多くの方が参加されていてすべてに目を通すのはなかなか大変。また、既にまとめもいくつかできています。ならばと、自分が読む用途として、ある程度の縛りを設けてまとめてみることにしました。

たどっていくといくつか「声をかけられた」というものもあったのですが、それを入れ始めるとだいぶ膨大になってしまうのと、参照し直してリンクはるのが異様に大変だったのとで(記事を公開する前に一通りチェックした)、基本的にはこんな感じで縛りとしました。

  • 「ブログやSNS等にまとめて発表」されているURLのパーマリンクをはる
  • 指名がパーマリンク上でなされた人のみピックアップする
  • 指名がなかった・個人が明記されていなかった場合、指名がパーマリンク上でなされたけどつながらなかった場合は記載しない
    • 参加するもしないもその方の自由、ということで!

また、浅学にして存じ上げなかった方もいらっしゃったため、ログ読んでみるぞ!ということも踏まえ、追える限りどんなお仕事をされている方かも書き添えています(会社、団体、個人などの揺れがありますが、そこまで丹念にやるのもあれなのでご容赦ください)。漏れがあったらすみません。

第1陣

第2陣

第3陣

第8陣

中目黒の“ごはん屋”コメディエンヌでランチを食べた話

東急東横線中目黒駅から徒歩15分くらい(たぶん)のところにある「コメディエンヌ」に行って、野菜たっぷりのランチプレートを食べてきました。今思えばメニューの写真を撮っておくべきだった。不覚。

ケータリングとごはん屋 コメディエンヌ

コメディエンヌを切り盛りされているのは、はてな東京オフィスのランチを作ってくださっているみやもとゆりさんです。最近のみやもとさんのランチメニューはこれ。セロリと黒こしょうの風味が効いてておいしかったです。

officelunch.hatenastaff.com

今年8月にお店がオープンしてから、行こう行こうと思いつつなかなか行けていなかったのですが、しばらく会う機会のなかった方と幸運にも会う話になり、みやもとさんのお店に行ってみよう!という流れに。わくわくしながら歩いていったら、目印の赤いドアがありました。赤いドアの写真も撮っておくべきだった……。

ビーツのスープ。とろっとしたポタージュのような食感でおいしい。
f:id:ayakoya:20151219213424j:plain:w400

野菜がふんだんに使われているランチプレート。キッシュおいしい!(全部おいしいのですが)
f:id:ayakoya:20151219213229j:plain

コーヒーと一緒にいただいたチョコレートのムース。ふらりとコーヒー(か紅茶)とデザート、っていう頼み方もありだなと思いました。実はお酒もあるのでお昼からちょっとアルコール、なんていうときにもよさそう。
f:id:ayakoya:20151219213448j:plain:w400

テーブルに活けられていたカリフラワー(!)。おしゃれ。
f:id:ayakoya:20151219213256j:plain

みやもとさんとは東京オフィスでちらっと顔を合わせたり、挨拶したり、といった機会はあるのですが、ゆっくりお話をするのは実は初めてでした。かなり長いことお世話になっているというのに! 近所の方はお茶をしに行くというお店の使い方もされているそうで、なるほどその手があったか、今度からそれも試してみるぞ、という気持ちになったのでした。

またお邪魔します。ごちそうさまでした!

2年前に2週間手術・入院でお休みした話

はてなスタッフアドベントカレンダー2015の12月10日の記事です。12月10日はもうひとつ、id:amagitakayosi記事を書きます! 記事を書きました!

advent.hatenablog.com

はてなで編集をやっている id:ayakoya と申します。2年前、2013年の秋ごろ、卵巣のう腫という比較的女性にはポピュラーだといわれている病気で6日間入院し、営業日としては11営業日(2週間分)有給休暇を取得しました。それから数ヶ月単位で経過観察のため通院はしていますが、特に何もなくこれまで過ごしています。まずはめでたい。

なんでまた2年前の出来事をいま書くのかという感じなのですが、本当にありふれた病気のようなのであんまり大ごとにしたくなかったのと、予想外にスムーズに入院・手術・退院を経て仕事に復帰できた*1ことから、当時ブログやTwitterFacebookなどでは特に書かずに終わりました。ネット上にある体験記などを読んで大変助けられたため、自分でもWeb上のどこかに記録しておかなければ……という気持ちはあったものの、目次を考えるだけでも相当な分量になって挫折。そんな折、同僚の id:chira_rhythm55乳がん闘病ブログ「 おっぱいサバイバー」を書き始めたこともあり、再度書いてみようかなという気持ちが芽生えました。病気・治療の大変さは全く異なるのですが、

どんな治療も死ぬよりマシと思っていたわたしも、病気を克服した著名人・芸能人が活躍する姿や、乳がんや他のがんの闘病ブログ・本を見て励まされ(もちろん、不安になることも多いのですが…)、「わたしも頑張ろう!」と前向きになることがたくさんありました。

おっぱいサバイバーってなに? - おっぱいサバイバー


罹患した人がネットに情報を求める、というのはごく自然な行動かと思います。私も相当な量の体験記を読み、多くのページを非公開でブックマークし、仕事に復帰した後も読み返しました。

というわけで、アドベントカレンダーの場を借りて、はてなで働きながら手術を受け仕事に復帰した経緯を書いてみようと思います。

「卵巣のう腫」の発覚から手術まで

はてなの場合、毎年春に定期健康診断の時期がやってきます。私はだいたいなんとなく、毎回気分でオプション検査を追加していました(個人負担)。2年前は何気なく、「そういえばここ何年か受けてないしな~」くらいの気持ちで「婦人科エコー検査」を追加しました。そしたらあっという間に引っかかり、近所の婦人科で治療開始。

母親が婦人科系疾患でよく病院に通っていたので、そこそこの婦人科の知識は持っていましたが、「卵巣のう腫」という病名は検査で引っかかって初めて知りました。卵巣にできる良性の腫瘍のことをいいます。卵巣のう腫はその特徴などから多くの種類に分けられるのですが、私の場合は以前宇多田ヒカルさんが罹患・手術されたのと同じ「チョコレート嚢胞」でした。

宇多田さんご自身が説明のツイートをされていたのではっておきます(2012年8月)。

最初の治療はホルモン剤の服薬で、それでのう腫が小さくなるかもしれないので3ヶ月様子を見てみましょう、という感じだったのですが、残念ながら3ヶ月経っても大きさはさほど変わりませんでした。ある程度の大きさがあると摘出手術が望ましいとされています*2

手術を前提に大きい病院への紹介状を書いてもらうあたりで、チームの上司や同僚に「1週間ほど入院加療が必要である」という話をしました。「早く手術できるならその方がいいでしょう」と言ってもらい、2日あった候補日のうち早い方で調整できるよういろいろと取りはからってくれて、大変助かりました。

手術のための入院は6日間、退院して体力が戻るのにあともう少しかかる、というスケジュールだったので、きりよく2週間分の休みを取ることにしました。休職の選択肢もあるのかな?と思って相談したところ、11日分なら有給休暇の方が良さそうとの回答。高額医療費制度を使っての限度額適用認定証の発行もものすごく速やかに終わりました。

当時の仕事を上司・同僚に調整してもらい、引き継ぎが必要な部分については引き継ぎをし、業務に関して何の心配もなく入院の日を迎えることができました。また、社内への周知内容についても人事担当者と相談し、「病名は別に言わなくてもよさそう」という自分の意向を最大限尊重してもらいました。

入院中

チームメンバーには確か手術の日を伝えていました。手術当日、いろいろあって予定時刻を大幅に超え(5時間ほど待ちました)、いつ手術室に運び込まれるのかさっぱりわからない状態になってしまい、あまりの暇さに業を煮やしてスマホをいじってうっかりTwitter連携ブクマをしたところ、メンバーに大層驚かれてしまいまして……。事情を伝えきれない状況とはいえとても申し訳なかったです。

退院したその日、自宅で入院中使っていたリストバンドを切る直前の様子。もっと味わい深くはさみを入れる瞬間を撮ればよかった……。

f:id:ayakoya:20151209232105j:plain:w300

退院・復帰後

退院後、体力を取り戻すためにもう1週間休みをもらい、約半月経って仕事に復帰しました。復帰後しばらくは、徐々に身体を仕事に慣らすという感じにしてもらっていました。おかげで何の不都合もなく1週間くらいで元のペースに戻った気が(自分では)しています!

卵巣のう腫は再発が多い病気です。体験談ブログなどを読んでいると1~2年後に再発・手術した方もいらっしゃいます。そのため、経過観察として3ヶ月に一度(1年経ってからは「6ヶ月に一度」に変更)通院しています。大きい病院での受診で、予約はしていても診療までにかかる時間がまちまちのため、その日はほぼ「午前中まるまるお休み」といった感じになってしまうのですが、あらかじめチームメンバーに知らせ、心置きなく(?)病院に行っています。現時点では再発の気配はなく順調です。

本当はこの記事と同タイミングで、もう少し詳細をきちんと記録した記事を公開しようと考えていたのですが、書くべきことがとにかく多くなってしまってひとまずざっくり、といった感じになってしまいました。かなり省略されましたので、全てを読むにはわっふるわっふると書き込んでください。

関連記事

はてなアドベントカレンダーでは、前述のように id:chira_rhythm55 が病気のための休職、id:swimy1113 が産休について書いています。そのどちらも「はてなの柔軟さ」に触れていて、全くその通りだな!!!!と感じています。そして、コーポレート本部の、その柔軟さを裏打ちする仕事の手早さ・的確さには舌を巻くばかりです。そのあたりの話については、id:tapir320 がちょうど昨日「はてなデベロッパアドベントカレンダー」の方で書いていますので、ぜひご覧ください。

tapir320.hatenablog.jp

chirarhythm.hatenablog.com

swimy1113.hatenablog.jp

明日は

明日(12月11日)のアドベントカレンダー担当は id:mtakano です!

*1:構えていたよりは、という感じ。腹腔鏡手術だったので開腹手術よりは身体への負担は少なかったです。

*2:症状、使うホルモン剤の選択、年齢、挙児の希望などによって対応がだいぶ変わるので、もし患者さんがお読みでしたらそれらをもとに主治医の方とご相談ください。

訃報に思うこと

mainichi.jp

水木しげるさん、少し前はフジモトマサルさん、松来未祐さん、熊倉一雄さん、柳原良平さん、たてかべ和也さん、愛川欽也さん、岩田聡さん、桂米朝さん……と、長年よく名前や作品を見てきた方の訃報に接する機会が増えました。まあまあ長めに生きているとこういう話が増えていくのだなぁ、としみじみ思います。

最初に「そうか、テレビでよく見ている人がいつかはいなくなってしまうのだ」と強く実感したのはハナ肇さんでした(1993年没)。クレージーキャッツというよりはかくし芸大会で銅像役を長くやっていた印象の方が強かったのですが、芸能界の重鎮にそのときだけはペンキをかけたりスリッパで叩いたりしてもよい、とされる設定で、若き日のウッチャンナンチャンの2人がカットの声がかかった瞬間に土下座しているシーンなど印象的だったものです。植木等さんも谷啓さんも鬼籍に入ってしまいましたね。自分が好きでよく見ていたテレビに出ている人、というトリガーが強いせいか、坂上二郎さん(コント55号)、中条静夫さん(「あぶない刑事」の近藤課長)などもふと思い返すことがあります。

松来未祐さんは作品というよりは“ネットの話題”として拝見することが多かったため、そういう点で特に寂しく思いましたし、同年代の方の死去はなんともこたえます。

ブログタイトルを変えました

当初は私の好きなブログのタイトルにちなんで「ayakolog」とつけたものの、その好きなブログのイメージが強すぎて自分のブログへの思い入れが持てず本末転倒になり、その後「航海日誌」の意味である「logbook」にしていろいろなログを書き残すぞ!と決意を新たにしたものの、あんまり記録できていなかった、というわけで再度タイトルを付け直しました。私が大好きなテレビ番組「Trap-TV」の中のナレーションの一部です。長い。

しかし放映当時である1993年、ナレーション(実際は前後があってもう少し長いです)のインパクトは大きく、特にこのワンフレーズは印象に残っています。実際仕事に活きる部分もある。というわけであえての長いタイトルにしてみました。

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」

「岩下の新生姜ミュージアム」に行ってきた

shinshoga-museum.com

2015年6月20日にオープンした「岩下の新生姜ミュージアム」に、「岩下の新生姜Twitterオフ会@ミュージアム」への参加のために行ってきました。シンガーソングライター・金子麻友美さんのミニライブ、岩下和了社長自ら案内するミュージアムツアー、岩下の新生姜を使ったメニューの試食・交流会の3パート。東京から栃木県栃木市に行くのはなかなか遠い感じではありましたが、初めて東武の特急に乗るなど楽しく出かけてきました。

f:id:ayakoya:20150718221712j:plain

金子麻友美さんミニライブ

shinshoga-museum.com

f:id:ayakoya:20150718221709j:plain
(ぶれてる写真しか残ってなかった!!)

イベントステージの奥には巨大新生姜パッケージと新生姜色のグランドピアノ。そのピアノとギターで、「岩下の新生姜Sing&Playコンテスト」のグランプリ受賞者である金子麻友美さんが計7曲を弾き語りしました。

7曲目の「かけがえのない君」は岩下の新生姜のサウンドロゴを使って作られた受賞曲で、サビ部分に♪岩下の新生姜~のリフレインがあります。その部分をオフ会参加者と一緒に歌って(8曲目)、しかもそれを録音して新アルバムの特典として収録! さらにアンコールでもう1回みんなで歌ったのでした。曲が進むとだんだん声も大きくなっていって楽しかった。

www.kanekomayumi.com

ミュージアムツアー

岩下の新生姜が発売されてからこれまでのパッケージを一挙に集めたパッケージギャラリー、新生姜の部屋、ジンジャー神社などなどいろいろなコーナーを、岩下社長の解説付きで巡ります。

パッケージギャラリー

f:id:ayakoya:20150718222334j:plain:w250 f:id:ayakoya:20150718222028j:plain:w250

これでも企業コラボパッケージは外しているらしい。ぱっと見全然変わらないじゃん!と思うのですが、よーく見るとキャッチコピーやら何やらちょっとずつ違います。

音の廊下

f:id:ayakoya:20150718222017j:plain:w400

岩下の新生姜のサウンドロゴを奏でられるハンドベル。端っこから1音ずつ鳴らしていけばOKです。たまにとても丁寧にトレモロ(ベルでもトレモロっていうのだろうか)で演奏する人がいてすごかった。

世界一大きな新生姜ヘッド

www.iwashita.co.jp

ヘッドをかぶった写真を1万人分集めるプロジェクトをやっていて、そこから派生して「世界一大きな」ものを作ったとのこと。一応箸でつまんでいる作りになっていますが、最初よくわからなかった。

f:id:ayakoya:20150718222412j:plain:w250 f:id:ayakoya:20150718221703j:plain:w250

岩下社長は「よくある顔出しですね」とおっしゃっていましたが、あんまり頻繁にはないような気がします。思わず写真撮ってしまった。

新生姜の部屋

f:id:ayakoya:20150718221701j:plain:w400

普段は生産管理など別の業務をしている女性社員2人の発案で作られた部屋だそうです。とにかく思う通りのものを作れ、と言ったら振り切ったものができてよかったとのこと。逆にこだわりを感じられないコーナーは展示がえ予定だそうです……。

f:id:ayakoya:20150718221955j:plain:w250 f:id:ayakoya:20150718222005j:plain:w250

中にはベッドとソファが。本棚に並んだ本のタイトルもいちいち生姜です。

f:id:ayakoya:20150718221657j:plain:w400

社長おすすめのアングル。窓越しの部屋の中。

新生姜のこだわり

f:id:ayakoya:20150718222213j:plain:w400

台湾で栽培されている生姜を使って丁寧に作られ、常に製品面でも流通面でも改良を重ね続けている、という内容や、岩下食品の歴史など、企業ミュージアムとしてのコーナー。岩下社長は「こういうのはお客さまにとってつまらないからなるべく小さく」と言ってましたが、私は結構こういうのが好きなのでいろいろ読んでしまいました。

塩分濃度を下げておいしさを保ちつつ保存もできるようにチャレンジしつつ、「減塩」などはおいしくなさそうに見えるので謳わない(ただしパッケージをよく見ればわかる)、などのこだわりを説明。上の写真は収穫してすぐ塩と酸につけられた状態の新生姜だそうです。着色しなくてもきれいなピンク色が発色するらしい。すごい。

f:id:ayakoya:20150718221905j:plain

音楽好きな岩下社長はいろいろな音楽イベントへの協賛などをしていて、その一環で社長自ら考案したお気に入りだというキャッチコピー「ロックとビールと新生姜。」

f:id:ayakoya:20150718222225j:plain:w400

先代の社長が美術品のコレクターで、集めていた美術品を収蔵・展示していた「岩下記念館」の居抜きとして、ミュージアムがスタートしたとのこと。内装などは手を入れていますが、作りはほぼそのままだそうです。その展示スペースにうまく収まるものがなく、処分しようか……というところに「アルパカを並べればいい」と思い付いたことから、このぎゅうぎゅうのアルパカが誕生。ぎゅうぎゅうすぎてちょっと怖いです。

アルパカ広場

f:id:ayakoya:20150718222203j:plain:w400

社長が気に入っているコーナー。子どもがアルパカの大きなぬいぐるみで遊んでいるのを見ると作ってよかったとしみじみ思うそうです。とはいえ子どものぬいぐるみの扱いはなかなか激しく、入れ替わり立ち替わり修理に出されているそうで……。実際またがってぬいぐるみごと飛び跳ねているお子さんを見かけました。

ジンジャー神社

f:id:ayakoya:20150718221900j:plain

恋愛などの願いを叶えてくれる神社、ということになっているのですが、岩下社長が「絶対に御利益がありますよ。こんな遠くまできてくださる人は行動力があるということだから、そんなことができる人に良いことがないわけない。つまり訪れる人にはいいことがあるんです」という意味のことを言っていて、なるほど確かにそうだなぁと思いました。

ここも社員の発案で作ったそうですが、いいアイデアを出す人に限って詰めが甘いらしく、おみくじを結ぶところは作りかけ?のままになっていました。そのうちちゃんと設置されるらしい。

f:id:ayakoya:20150718222137j:plain:w250 f:id:ayakoya:20150718222152j:plain:w250

狛犬ならぬ狛鹿がいます。角が新生姜。ちゃんと「あ・うん」の口になっています。

新生姜レシピ

f:id:ayakoya:20150718222612j:plain:w400

アルパカ広場の正面にあるコーナーで、親子でレシピを使ったかるたができるように、と五十音別のレシピが用意されています。今はQRコードでレシピを表示するけど、紙のかるたも作って販売したい、という感じのことを言っていました。

ここにはひたすら岩下の新生姜CMが流れていて、ウクレレ演奏でどんどん転調していってとにかく耳に残るちょっと怖い感じのメロディーです。岩下社長によれば「あんまり聞かない方がいいです、夢に見ます」「ナイトメアバージョンと呼んでいます」とのこと。YouTubeにありますよというので探してみたらありました。

ジンジャーツアーズ

f:id:ayakoya:20150718222400j:plain:w400

炎のチャレンジャー」にあったようなイライラ棒で生姜の効能を学べるようになっているそうですがあんまり学んでいる実感はありませんでした……。社長の感触もちょっと微妙な様子。でもイライラ棒そのものは楽しかったです。

岩下の新生姜を使ったメニューの試食・交流会

f:id:ayakoya:20150718222534j:plain:w250 f:id:ayakoya:20150718222546j:plain:w250

新生姜を使った料理を食べながら、オフ会参加者の自己紹介。一番遠くから来た方はなんと兵庫県からいらしたとのこと。Twitterを中心とした集まりではありますが、岩下社長の音楽好きつながり、NEWSつながりなど、興味・関心の幅の広さがそのまま交友範囲になっていてすごいなーと思いました。

最後に集合写真を撮ってお開きに。大変楽しかったです。ありがとうございました!


ミュージアムショップ

あのペンライト?買ったよ!

f:id:ayakoya:20150718222522j:plain:w400

金子麻友美さんライブのときに振ったり集合写真で使ったりしたので買ってよかった。ちなみに社長は「これでは太すぎる、新生姜ではない」と思ったものの、お客さまを驚かせたいと思ってOK出したら、別の意味で驚かせてしまった、と話していました。もし売れ残ったらミュージアム内に、アルパカのぬいぐるみのように並べようと思っているそうです。

We Love 岩下の新生姜 ツイッターから生まれたFANBOOK

We Love 岩下の新生姜 ツイッターから生まれたFANBOOK

あとはぬいぐるみと上の本を買いました。あと自販機で売っている浅漬けの素も。うずらの卵を漬けてみるのちょっとおもしろそうです。

f:id:ayakoya:20150718221846j:plain:w400

今後もミュージアムの中身はどんどん変わっていくようで、何しろまだオープンしていない部分もあったりするので、また機会を見つけて行ってみたいなーと思ったのでした。近所のスーパーで、つい岩下の新生姜を買って帰りました。

岩下食品 岩下の新生姜80g×15パック

岩下食品 岩下の新生姜80g×15パック